読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Challenge Stress Free !

◆人生折り返し地点、もう頑張らずに穏やかに過ごしたい主婦の記録◆

子供の結婚相手を自宅に泊めることはないだろうな

家族・親戚

できれば

夫は離れた場所の出身ではないほうがよかったな。

離れているんだったら、思いっきり外国くらいなら諦めもついたろうに。

ほんとに。。。

 

せめて同じ地方、1時間くらいの距離がよかったな。

 

一回の帰省で10万近く使うこともないし、

帰省の度に子供に過酷な思いをさせることもないし、

しきたりが違う違和感もないし、

味の違いにケチつけられることもないし、

生活の仕方の違いにとやかく言われることもないし、

 

それにそれに、なんたって

泊まらなくていいんだから!!

 

泊まったら、3食作りは当然、掃除にお風呂!

昼寝できないし(したけど)

呑めないし(夜中に呑んでたけど)

24時間監視化に置かれる

受刑者に。

 

実親に大事にされてきて、

こんなに過酷な状況下に置かれたことなんかない。

それが、嫁。

 

初めて帰省の同伴した時なんか、

手作りのエプロン作ってくださってたもの。

エプロンは奴隷の囚人服。

 

 

気さくな人柄の姑なら、まだマシだっただろうけど。

気さく風に装って(ココがポイント)、

詮索好きで嫉妬深い神経質な人なので一時も心を許せません。

 

 

そんな自分の経験を踏まえて、

 

赤の他人を家に入れるだけでもイベントなのに、

24時間一緒はありえません。

遠方の方なら近くのホテルにお泊りいただきます。

できれば、泊まらなくていい方がいいです。

そしてね、少しづつ付き合いを重ねて、親しくなれればいいな。

やだよ、知らない人は。

 

あー、義母は新幹線で座席を向かい合わせにしたがる人だったなぁ。

妊娠してたから理由つけて、全力でお断りしたけど。

実の親とだってやらないっての。

いろいろ思い出して、ぷるぷるする(笑)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村